M1 Mac mini 2020でICカードリーダー ACR39-NTTComを使えるようにする

Mac,確定申告

スポンサーリンク

M1チップ搭載のMac mini 2020を購入してしばらく経ちました。

今年はふるさと納税の件数が6件以上あり、かつ株式配当の節税するために初めて確定申告をしようと思いました。確定申告は今時は自宅ででき、USB接続のICカードリーダーがあればマイナンバーカードのICチップを読み込ませて本人認証もできるらしい・・・

さっそくICカードリーダーを購入しようと意気込んでいたのですが、昨日国税庁の確定申告書等作成コーナーを確認すると以下のようなお知らせが・・・

https://www.keisan.nta.go.jp/oshirase/r2info/info004.html

ネットでM1 Macで使えるICカードリーダーを探しているとAmazonでACR39-NTTComを発見しました。レビューによるとM1 Macで使えたとの記載があったので無くなる前に急いで購入しました。

届いた後にNTTコミュニケーションズのサポートサイトからドライバをダウンロードしてインストールしましたが、全くICカードを読み込みませんでした・・・

インストールするときのダイアログによるとドライバのバージョンはVer1.1.1で、システム情報を確認すると確かにICカードリーダーは認識している様子。NTTコミュニケーションズのサイトからダウンロードできるドライバは更新日も結構前だったのでOEM元の名称であるACR39Uで検索し、以下のサイトを見つけました。

http://acsccid.sourceforge.net

上記のサイトを見るとMac OS用のドライバーVer 1.1.8.2を発見しました。

ダウンロードしてReadmeを確認すると以下の記述がありました。


v1.1.8.2 (5/1/2021)
- Fix segmentation fault for multi-slot readers on macOS Big Sur.

v1.1.8.1 (8/12/2020)
- Rebuild the driver v1.1.8 with arm64 and x86_64 architectures.
- Require Mac OS X 10.6 or above.
- Set host architectures to arm64 and x86_64 in the installer.

v1.1.8 (9/1/2020)
- Update the driver to v1.1.8.

ちゃんと最近も更新がありBig SurやARMアーキテクチャへの対応がされているようです。

インストール済みのNTTコミュニケーションズ製のVer 1.1.1をアンインストールしてVer1.1.8.2をインストールして無事ICカードリーダーが使えるようになりました。めでたしめでたし。

スポンサーリンク